正條の渡し

シンボルのムクの大木が繁るこの渡しは江戸時代、暴れ川として有名で橋の無い川、揖保川を渡し船で渡す場所であった。ここでは底の平らな川に向いた高瀬舟が待機し、料金として「地水二文(浅い時)、中水八文、備水(深い時)十六文」という渡し賃を記した川札があった。室津街道、山陽道の合流点である相合宿、正條・片島にある渡しであり、相当な交通量があった。特に、参勤交代では舟が足りず、他の地区からも舟を工面していた。今は町道で自動車のすれ違いもできないが、当時のメインストリートであり、河川改修で面影も無くなった他の渡しと比べると往年のイメージを何気に残している。この町道の少し南、自転車店を曲がり西進すると、旧山陽道となり、面影がよく残されている。
川沿いには堤防の代わりに畳堤が設置され、平成の台風の増水で畳をはめて用意したが、ぎりぎりの水位でその活躍を免れた。

名称正條の渡し
住所兵庫県たつの市揖保川町正條の渡し

観光スポット一覧

フォトスポット一覧