本陣 井口家

江戸時代、山陽道は正條の渡し近くに片島宿,正條宿の二つの宿場があり,西国の大名たちは室津街道を通って北上し、ここで合流し山陽道で姫路方面へ向かった。ここは旧山陽道沿いで、本陣や脇本陣もあり参勤交代の大名行列の一部や一般旅行者が泊まったり,休憩したりしていた。この道を西進すると、相生方面へ旧山陽道がそのまま残り、昔の雰囲気をわずかに楽しむ事ができる。豊臣秀吉の大返しもここを通過。二駅の相合宿であり、当時はかなりの交通量だった。この屋敷は建て替えられており、往年の本陣の面影はない。家の前には明治18年(1885)8月、明治天皇一行が中国巡幸の帰途に休息されたことを記す石碑が建っている。

名称本陣 井口家
住所兵庫県たつの市揖保川町正條237

フォトスポット一覧

観光スポット一覧