ヤッホの森

自然あふれる里山の中にある総延長5,250mの散策道。道沿いには多数の古墳が点在し、珍しい植物も見られる。標高170.4mの東山と118.8mの向山は黍田富士(きびたふじ)山頂の展望デッキから町並みが一望でき、近くに設置されている「幸せの鐘」が美しい音色を奏でる。古墳は黍田向山古墳群、山津屋古墳群、金剛山古墳群など合計41基の古墳があり、山界全体では100を超えると言われている。中には弥生時代、古墳時代前期のものもあるが、殆どは古墳時代後期の小円墳である。山津屋9号墳は造出が2つある珍しい円墳で、播磨最古の横穴式石室を持つ古墳と言われる。ヤッホの森には他にも金剛山6号墳のような前方後円墳等、特色のある沢山の古墳がある。このような場所に古墳が多いのは、当時は今の田んぼのような低地部分が海であったためである。

名称ヤッホの森
住所兵庫県たつの市揖保川町黍田434

観光スポット一覧

フォトスポット一覧