赤松鼻

1336年に新田義貞は室山の赤松勢と戦となり、多数の赤松兵が討ち取られながら赤穂郡に逃れた。

1336年に足利尊氏追討宣旨を受けた新田義貞は、室山の赤松勢と戦となり、多数の赤松兵が討ち取られながら赤穂郡に逃れた。このとき討たれた赤松将兵の供養塔が残され、ここが赤松鼻と呼ばれるようになった。赤松軍はその後、赤松円心の元、白旗城(上郡町赤松)に立てこもり、よく防戦し、九州より巻き返してきた足利尊氏らと共に、逆転勝利し、足利幕府成立の立役者となった。

名称赤松鼻
電話番号
住所〒671-1332 兵庫県たつの市御津町室津
営業時間
定休日
URL
SNS
ご予約

観光スポット一覧

フォトスポット一覧