法然上人貝堀りの井戸(伝承)

浄運寺から海側に降りた所にある井戸。浄土宗の開祖、法然上人は室津に二度寄港している(伝承)。

浄運寺から海側に降りた所にある井戸。浄土宗の開祖、法然上人は室津に二度寄港している(伝承)。最初の寄港は陥れられ讃岐の国に流される時、二度目は許されて都へ帰る時である。友君の念仏往生の話の他、滞在中に飲水で困っていた室津の人々の話を聞き、海辺の貝で井戸を掘った所、真水が湧き出したという(伝承)。現在は前が埋め立てられているが、海の間際であり、真水が出る珍しい井戸。最近まで魚を洗ったり、生活水として重宝されていた。

名称法然上人貝堀りの井戸(伝承)
電話番号
住所兵庫県たつの市御津町室津
営業時間
定休日
URL
SNS
ご予約

観光スポット一覧

フォトスポット一覧