二級河川富島川と人柱地蔵

人柱の犠牲まで払って堤を造り、川を掘り下げ海水・雨水と戦った人々の暮らしの跡が偲ばれる。

昭和12年9月11日の大きな台風により、富島川が氾濫。今まであった堤防は大破した。県の補助ですぐに修復工事が始まり、修復中の堤防の中から、立ち姿の人骨が出てきた。関係者は驚くも、深く感じ入り、丁寧に掘り出した。そして政源寺に埋葬した。新堤防完成の後、埋まっておられた真上に、この地蔵尊を建立した。人柱の犠牲まで払って堤を造り、川を掘り下げ海水・雨水と戦った人々の暮らしの跡が偲ばれる。地蔵尊の建立は昭和13年9月。

名称二級河川富島川と人柱地蔵
電話番号
住所〒671-1341 兵庫県たつの市御津町釜屋330
営業時間
定休日
URL
SNS
ご予約

観光スポット一覧

フォトスポット一覧