もやい石

入港した北前船が係留するときに船のもやいを繋いだ石。石工による細かな細工が見もの。

入港した北前船が係留するときに船のもやいを繋いだ石。石工による細かな細工が見もの。もやいをかける所は丸形で首があり、かけやすく外れにくいようになっている。これは現在のボラード(係船柱)と同じである。また、地面に入る部分は楔形の形状をしており、石が抜けるのを防止している。港内には拡張工事の時にセメントで埋められ、上部だけが見えるもやい石もある。構成文化財。

名称もやい石
URLホームページ

観光スポット一覧

フォトスポット一覧